観光地の名所

モモの花の谷

この景色はモモの花の谷での一番すばらしい一区間が“石門の流れる水”と言うので、ここは青い峰、おかしい石、深い淵、流れる水、青々と茂る松がある。前を見てぽっと明るくなる、別天地がある。しかもモモの花の谷の3つ大きな字は宋時期に大きい文豪の蘇東坡のフォントから出てくる。

将軍崖の岩画

1979年に文化遺産の全面調査の時に発見された、1988年1月に国務院に国家級文化遺産の保護部門に確定させられる。岩画の上で人の顔、獣の顔、子午線、太陽の図案、魚形の図案、農作物の図案と各種の記号を彫刻した、線はおおざっぱ真っ直ぐで、方法が原始で、今約6500―7000年まで。

神甲峰

皆が見てこの山の上は1匹巨大なセンザンコウが上で伏せるようなでしょう、この景は“神甲峰”といって、話によると1匹のセンザンコウはここを通って、その所は山紫水明、景色が優美で、周囲の美しい景色を引きつけされて長い間に立ち去りたくない、だから “神甲峰”を命名される。

唐臼庵の遺跡

観音石刻芸術園の西側に位置して、唐臼は古代に麦と米を搗くことの道具である、、農耕時代の村民は常用の生活用品で、唐臼の歴史は新石器時代までさかのぼることができる。唐臼庵の遺跡は北宋の年間に建て、村の人々は観音化身の女道士が米を搗くことストーリを紀念する為に、この道観庵を建て、その後で長い間に修理がされていないので、次第に落ちぶれていて、すでに再度出現しないでし…

竜の潜む淵

聞くところによると、ここは1本の神竜に住んでいることがあって、彼は竜の9つ目息子ですが、貔貅と言うので、天性が狂暴で、もっぱら金銀をまる飲みして腹が大きくて肛がなくて、ただ入ることだけが出て来なくて、財を招いてまた財をかばうことができて、人々からすると彼は富をもたらす守護神である。

月兎満月

モモの花の譚の左の前方に1か所の神工鬼斧の景観“月兎満月”がある。この月兎みたいの大きい石は大きい石の上でそびえ立っていて、頭を少しもたげて、空の明月にぼけっと眺めるらしい、月の宮殿の中で嫦娥を懐かしむような。北宋詩人の秦観より “ウサギが私を聞いて言って、月の宮殿の中での仙人は一番かわいそう、速やかに帰って月宮に泊まて、顧商岩と岳麓を心配しない”と言う。正に…